エロゲー・アンモライト・催淫巨乳団恥妻〜イケないのに…疼いちゃう…・川合正起,岡下誠・ammolite-0006
エロゲー・アンモライト・催淫巨乳団恥妻〜イケないのに…疼いちゃう…・川合正起,岡下誠・ammolite-0006
レーベルアンモライト
ジャンルアドベンチャー
スタッフ川合正起,岡下誠
型番ammolite-0006
価格2750円

当ビデオの詳細

こちら

おすすめポイント!

私は、この団地で自治会の会長をしている。多くの人が暮らすマンションの自治会長だから、面倒な課題が山ほどある。(マンションの面倒事を解決しているんですから、少しくらいは役得があるべきだとは思いませんか?)美貌の若妻・斎藤由美を集会所に呼び出すことができたのは、自治会会長という肩書のおかげだ。『おむつの捨て方に苦情が来ているので、赤ちゃんのいる全てのご家庭に事情をうかがっています』という口実で、奥さんを来させたのだ。赤ちゃんを抱きながらやってきた奥さんは、どこか不安そうだった。ゴミの捨て方のことで怒られるとでも思っているのだろう。(ご心配なく。ゴミの出し方で怒ったりはしませんよ。怒張したものを打ち込んだりはするかもしれませんが)私はお茶を出してやった。媚薬入りで。奥さんは、緊張を紛らわそうとしてか、すぐにお茶をすすった。そして「い、いいっ!気持ちいいっ!おかしくなっちゃうくらいに……気持ちいいですっ」ふしだらに乱れているこの女性の名は「斎藤由美」。人妻である。普段から明るくて人当りがよく、この団地内でも円満なご近所付き合いをしていた。ちなみに、生後三か月の子どもがいる。可愛らしい赤ちゃんは、この室内ですやすやと眠っていた。母親がどのような目に遭っているのかも知らずに、あどけない寝顔を見せてくれている。「い、いくっ……いっちゃうぅ……。いっちゃうぅぅ……」私が荒々しく腰を打ちつけるたび、二十四歳の人妻はあられもなくわめいていた。強ばり切った肉杭をえぐり込んでやると、男好きのする女体は喜びにくねっている。こぼれ出た豊乳はゆさゆさと揺れ、その頂にある乳首からは母乳が噴き出ていた。「なかなかよかったですよ、奥さん」思い切り射精した余韻を楽しみつつ、私はにやにやと笑いながら新妻を見下ろしている私のものは、もう一度したいとでも言うように、ひくひくと脈打っていた。