エロゲー・桃色劇場・おとうとしぼり 〜姉たちの性教育〜・七松健司,奇偶転置・momoiro-0011
エロゲー・桃色劇場・おとうとしぼり 〜姉たちの性教育〜・七松健司,奇偶転置・momoiro-0011
レーベル桃色劇場
ジャンルアドベンチャー
スタッフ七松健司,奇偶転置
型番momoiro-0011
価格3036円

当ビデオの詳細

こちら

おすすめポイント!

主人公、下山康太(しもやまこうた)は幼稚舎〜大学まで一貫教育の聖奈半利学園(せいなばりがくえん)に通う男子。同じ学園に通う姉の涼々夏(すずか)が大好きで、どんなに叱られお仕置きされても、本当は優しい涼ねぇに従順に従うお姉ちゃんっ子。一見すると仲のよい姉弟……しかし姉の涼々夏の方には、弟に言えない企みがあった。「康ちゃんの童貞は、わたしが奪うわ」涼々夏はもっと幼い頃からずっと、康太のことを性の対象として見ていたのだった。康太に徴があったことを確認した涼々夏はその翌日、いよいよ計画を実行に移すことにした。弟のはじめてを奪い味わった涼々夏は、そのことをクラスメイトの赤野ひまり(せきのひまり)へ自慢げに打ち明ける。するとひまりは「へぇ〜弟クンってそんなにいいんだ?じゃあボクにもさせてよ」康太を供出するようねだる。断り切れない秘密を握られていた涼々夏は、康太をひまりのオモチャにさせるしかなかった。「涼ねぇ、どうして!?」泣きながらひまりにペニスを舐られ露茎されて果てる康太、そしてついにひまりの体内へ小さなペニスが飲み込まれて……最愛の弟が親友に犯される姿を見ながら涼々夏は、興奮とも嫉妬ともつかないゾクゾクするような感覚に襲われていた。