エロゲー・ルネ・戦乙女ヴァルキリー3・Moo℃団,K-TOK,須々木鮎尾,神崎美宙,haruya,奥村惇一朗・rune-0040
エロゲー・ルネ・戦乙女ヴァルキリー3・Moo℃団,K-TOK,須々木鮎尾,神崎美宙,haruya,奥村惇一朗・rune-0040
レーベルルネ
ジャンルアドベンチャー
スタッフMoo℃団,K-TOK,須々木鮎尾,神崎美宙,haruya,奥村惇一朗
型番rune-0040
価格8580円

当ビデオの詳細

こちら

おすすめポイント!

神々と魔族が等しく終りを迎える『ラグナロク』――ある巨人が残した予言は成就し、世界の殆どは滅びを迎えている。かつて、ミッドガルドと呼ばれていた土地はなく、今は霧が深く荒れ果てた大地に冷たい風が吹くのみ。そこは「ニヴルヘイム」と呼ばれる土地だった。荒廃した土地をさまよい歩く黒衣の男。主人公には自分の記憶がなかった。その男は水を求め、やがて小さな泉にたどり着くものの、そこに住む大蛇に襲われてしまう。持っていた剣で応戦する男。しかし大蛇は切り伏せたあとから湧き上がり、追い詰められてしまう。だがそこに光が差し込み、大蛇を打ち払い男の危機を救う。光の方をみると剣を掲げた女神の姿が。そこにいたの「太陽の戦乙女(ヴァルキリー)」スーリヤだった。男はスーリヤの顔を見るなり何故か身体が熱くなり、欲望が疼くのを感じていた……。