エロゲー・わるきゅ〜れ・プレイ!プレイ!プレイ!GO!・わざきた,小宮山,モルデカイ・valkyriahb-0038
エロゲー・わるきゅ〜れ・プレイ!プレイ!プレイ!GO!・わざきた,小宮山,モルデカイ・valkyriahb-0038
レーベルわるきゅ〜れ
ジャンルアドベンチャー
スタッフわざきた,小宮山,モルデカイ
型番valkyriahb-0038
価格3080円

当ビデオの詳細

こちら

おすすめポイント!

この世は、闇、闇、闇。先天的に盲目であった青年、佐戸繁琉。盲目故の、研ぎ澄まされた感覚。自慰は、彼にとって唯一無二の娯楽であった。だが、それ以外は、無。父親は権力者で、財力を有していたが、子供には無関心。義理の妹・果純が、かいがいしく世話をしてくれていたが、ひたすらに「ただ生かされている」という感覚は心を蝕み、ついに彼は屋上から身を投げた。「あ、繁琉さん、目が覚めたんですね!その様子……無事に見えているようですね。ここは佐戸記念病院。貴方は、眼球の移植手術を受けたんですよ」木に落下した繁琉は死ねず、数日間の眠りから目覚めた、その時。彼の世界は一変する。「これが、色……!?これが、世界……!?」あまりの混乱に体は熱を帯び、息も荒くなっていく。看護師が心配して繁琉の肩に手を置く。ハッとして、彼女の顔を見た瞬間に一気に肉棒が激しく勃起し、さらに呼吸が乱れる。「こ、これが、女の、顔……!?」「こ、これが、女ああああああああぁーーーッ!」「きゃああむぐうううぅッ!」「はぁっ!はぁっ!叫ぶんじゃない……!立場は分かってるはずだ……俺の親父が誰だかって事も……!」繁琉の手は看護師の下着にかかり、強引にずらしていき……露になったワレメを両手で開く!「な、なんて、綺麗な色なんだ……!女のマンコは、なんて綺麗な色をしているんだ……ッ!これが桃色ッ!ピンクッ!肉の色おおおおおぉッ!」「世界は、こんなにも桃色だったんだあああああぁッ!」「もっと……もっと犯したいッ!女を犯したいッ!桃色の肉の花を、この眼にもっと焼き付けたいーーーッ!」彼には何も怖いものはなく、あるのは、脳裏を焼くほどの桃色の衝撃を再び味わいたいという欲求のみ。その瞬間、レイプ魔、佐戸繁琉が誕生した。